業務案内

大邦建設株式会社は神奈川県横浜市旭区に事務所を構える型枠工事業者です。主に横浜市瀬谷区や川崎市にて活動しております。
こちらのページでは弊社の主力業務である土木工事・型枠工事についてご紹介します。
型枠の精度はもちろん仕上がりの美しさにも気を配り、お客さまに喜んでいただける施工品質を追求しております。業者をお探しの方はぜひ弊社までお問い合わせください。

また、土木型枠工事に携わってくださる型枠大工・型枠解体工を求人しております。年齢や経験の有無は問いません。未経験者には先輩スタッフが丁寧に指導いたします。もちろん経験者は給与面で優遇いたします。一流の職人を目指したいとお考えの方はぜひ弊社求人へご応募ください。

土木型枠工事

弊社では高速道路の橋桁の新設工事や耐震工事、海・川の護岸工事などの公共工事や、造成現場の擁壁などの民間工事にかかわる土木型枠工事を請け負っております。
コンクリート製構造物を形成する際に、柔らかい生コンクリートを流し込むための枠を「型枠」といいます。型枠工事を行なう職人には、コンクリートの圧力によって型枠にズレや歪みが生じないよう、図面どおりに寸分の狂いもなく組み立てる技術力が求められます。
また、コンクリートが固まった後は型枠の解体を行ないます。完成したコンクリート部分に傷をつけないようにしながらスピーディに解体することも重要です。
弊社には豊富な経験に基づく確かな技術力をもつスタッフが多数在籍しております。安心してお任せください。

土木型枠工事の流れ

STEP-1

拾い出し

パソコンを使用し、柱や梁などの形状・寸法・数量を効率的かつスピーディーに拾い出し、正確な型枠加工図を作成します。

STEP-2

加工

上記の方法で作成した図面をもとに、合板や桟木などの材料を有効活用して、型枠の材料であるパネルを加工します。

STEP-3

墨出し

実際の現場にて、型枠を建て込む位置に目印をつけます。
正確を期するために、図面をしっかりと読み取る必要があります。

STEP-4

建て込み

加工したパネルを現場に運び込み、墨出しでつけた目印をもとに型枠を建てます。
精度・強度が十分に保たれるよう、水平・垂直の度合いを確認しながら丁寧に作業していきます。

STEP-5

締め付け

コンクリートを打設する際は、型枠に圧力がかかります。
緩みがあると隙間が生じて型枠が歪んでしまうため、専用の部材を使用してしっかりと締め付けていきます。

STEP-6

ダメ回り

型枠がコンクリートの圧力に耐え得る強度をもっているか、図面通りの形状に固められるよう建て込まれているかを確認する工程です。
補強しなくてはいけない箇所などの微調整はここで行ないます。

STEP-7

コンクリート打設

コンクリート打設時には、生コンクリートの流動性により、型枠に大きな圧力がかかります。
型枠の状態をチェックしながら、丁寧に流し込みます。

お問い合わせ  採用情報